クリスマスの思い出作りにキャッシングを利用

昨年のクリスマスは、いつもと違うことをしたいねと話をしていました。いつもケーキとチキンを買ってパーティをしますが、日並びが悪いことが多くクリスマス当日が平日だと、食べて騒ぐだけで終わってしまいますので別の休みの日に改めてお出かけをしたりするのもいいねということで、スカイツリーに登って水族館にも行ってみようという事になりました。

でも、私にとっては給料日からだいぶ経っている上に次のお給料日まではまだ日数があります。旦那さんには少しずつお金を貯めていると言っているので、お金がないとも言えません。なので、思い出作りのためにはお金を借りてでも行かなきゃと思いました。

最初は母親にお金を借りようと思ったのですが、母に久しぶりに連絡をすると体調を崩して通院を続けていてお金を貸せないといわれました。なので最後の方法として銀行系のキャッシングを利用することにしました。

魅力は、返済は借入額によりますが2千円くらいからと返しやすいことです。申し込みも簡単で、その銀行の普通口座があると申し込みのステップが簡略化されてキャッシングに不安を感じていた私でも安心して申し込めました。

融資も専用カードで、キャッシュカードを使う感覚で引き出せるので旦那にキャッシングと見抜かれずにコンビニキャッシュコーナーでお金を借りて出掛けることができました。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

婚約者として許しません

主人とまだ婚約段階で付き合っていた頃の話です。夜、街を出歩いてくると、いきなり彼の携帯から着信音が・・・。彼が電話に出ると、ずいぶん久しぶりの友人(?)からでした。

社交辞令のやり取りをした後、何やら不穏な空気になり、彼の様子をうかがった所、彼が私の顔を見つつ、敢えてこう言いました。「え~っと・・・そんなに今、お金ないの?いくらでもいいからと言われてもね・・・」何の相談かすぐにわかり、私はすぐに腕を×印に交差し、「ダメ!」と彼を睨み付けました。

彼は迷っているようでしたが、私がその仕草を何度も繰り返したので、しまいには、「ごめん、今こっちも余裕がないから無理かな」と断りました。私は今度は満面の笑みで、大きく○印を腕でつくりました。

後で電話をしてきた男性のことを訊くと、過去にも彼からお金を借りたことがあったそうです。二万円という、目玉が飛び出る程の額ではなかったのですが、やたらと無駄遣いの気があったらしく、全額返済したのが丸二年後の最近だったそうな。

もちろん、そんな厚かましい人とは今後付き合わないでと釘を刺しました。お金を大事にしない人はろくな人ではないので。もっとも、その後、彼を用済みだと思ったのか、例の男性から連絡は一切ありあせんでした。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

内緒で借り入れ

毎月毎月生活をするには、当たり前ですがお金がかかります。生きているだけで、もう呼吸をするだけで耳元でチャリン・チャリンと(笑)給料日になっても、右から左に流れているだけで現実味がありません。

今月も妻に渡す生活費が工面できませんでした。もうお金を借りることはできないし・・・。困った挙句、妻に内緒で借り入れできるカードローンはないかどうか?比較サイトとにらめっこしました。

僕の条件は下記のとおりです。
・妻に内緒にしたい借り入れが口座を介さなくても銀行やコンビニのATMでできること。また契約書や明細書が自宅に送られないこと。

即日発行(借り入れ)対応可能なこと急場をしのがなければならない理由がありました。結果、銀行系のカードローン会社を見つけました。

東京三菱UFJ銀行「バンクイック」です。PCで仮審査をしました。2時間ほどでOKのメール。最寄に支店があったのでさっそく出かけました。

「テレビ窓口」という無人受付機に入りました。本人証明は源泉徴収書と免許証です。オペレーターとやり取りをし、40分ほどでカードを受け取りました。

おかげで妻にも内緒で借り入れができ、生活費を渡すことができました。これからは妻にばれないように返済計画を立てたいと思います。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

簡単に多額を貸してくれるという話

生活費も底を付き、お金に困っていた時期消費者金融や銀行からはもう借りていたので、全然聞いたことの無い会社に片っ端から連絡をしてみました。携帯で「簡単に貸してくれる金融会社」という感じで検索すると沢山出てくるのです。

その中の1つの話ですが、もうその会社は電話をしても連絡が取れません。お金を貸して欲しい話をすると、こちらは10万でも借りられればと思っていたのですが相手から「50万まで貸すことが出来ます」との返事がきました。

自分の身分証明書を送って欲しいことと、自分の連絡先などを聞かれました。振込をするので、口座番号も聞かれます。なんて気前の良い会社なんだ!と感心していました。ですが、利息は物凄く高いものでした。

必死になっている自分は利息のことなんて考えません。いざ、お金を貸します!という話になった時に初めてこんな事を言われました。「初めに5000円を振り込んで頂ければ、確認でき次第すぐに50万円を振り込みます。」と。

お金が欲しい人は、この言葉にすぐ引っかかってしまうのだと思います。私も、高い利息のことは考えないで借りようとしていましたから。でも、その5000円すら無かった私は、結果引っかからずに何もなく終わりました。

「5000円振り込めません」と言うと「振り込めるようになるまでお待ちしていますから5000円出来たら振り込んで下さい」と言われました。そういうやり取りが2週間ほど続きましたが、2週間経ってから電話が繋がらなくなりました。その時初めて気が付いたのです。あ…騙されるところだったんだ!って。

金融会社だとうたっていても中身はわかりません。危ない経験をしたものだと思いました。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

貸すことはあげる覚悟で

金の切れ目が縁の切れ目。よく使われる言葉ですが、悲しいことに人間関係はお金によって大きく変わるものです。もう六年位前になりますでしょうか。個人的な借金もあり、家庭内トラブルで仕事もろくに出来なかった友人から、色々と相談を受けておりました。

同情した私は、「万が一、どうしようもなくなったらお金をかしてあげる」とつい発言してしまいました。今思うと、しなきゃ良かったと後悔しております。結果、その友人から懇願されてしまい、四万五千円貸すことになりました。

一か月後には絶対に返すからという条件付きで。けれど、当時の友人の状況からしたら無理だろうとは思っておりました。そして予感は的中しました。

友人の異常ともいえる家庭内トラブルが原因で、分割して返金ということになりました。その間、延々と友人の愚痴を聞くというおまけつきで。途中から、愚痴はいいからお金返してよ、と同情する気が失せてしまい、よく自分の立場わきまえず、そんなこと言えるなあ、と思うようになりました。

きっと自分の心が狭かったというか、こんな風に友人に悪印象を持つ位なら、お金の貸し借りはするものじゃないと思いましたね。他の友人にそのことを相談すると、思ってた通りのことを返されました。私の場合は、何とか全額返済にいたりましたが、お金を貸す時は充分考えたほうがよろしいかと思います。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

彼氏に貸した4万円

昔付き合っていた彼氏に4万円を貸して返って来なかった経験があります。私はすでに社会人、彼氏はフリーターどころかニートでした。なぜ大人になったら働かないといけないのか?誰が決めた?と言っていました。

当時は若かったし楽しかったので、それでも全然良いと思っていました。遊ぶお金は短期のバイトやちょっとパチンコ屋で働いてはすぐ辞めて、などの繰り返しでその日暮らしという感じでした。あるとき、年末にかつてから仲良くしている友達グループで年越し旅行に行こうという話になりました。

年越しとだけあって、結構値段は張り1人4万という参加費でもちろん彼氏は払う余裕もなく…。でも一緒に行きたい私は立て替えるよ、とあっさり自分の分と併せて8万円払いました。その時すでに3年程付き合っており戻ってこないことなど夢にも思っておらず。しかし、その後ニートであることに少しずつ溜まっていた不満が爆発し別れることになりました。

私から強引に振った感じになり別れたのですが、もちろんお金は返ってくると思っていました。ですが、一向に返って来ず、挙句の果てに傷つけられたのは自分だから返す義理はない、という様なことまで友人伝いに聞き私は絶句。その後も何度か友人伝いに伝言は依頼しましたが、結局返ってくることはなく、お金の貸し借りは戻ってこないものと思ってしないといけないと心に誓いました。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment

住宅ローンの頭金を入れる

3年前に戸建て住宅を購入して、引越しをしてきました。その際に頭金を入れた方が得になるのですが、夫婦として生活してまだ1年しか経っておらず頭金が貯まっていませんでした。

そんな時に、母親が頭金を貸してくれることになりました。金額は1,000万円なのですが、ありがたく借りることにしました。このお金は銀行で借りたローンを返済後で良いとのことで、住宅ローン25年返した後で母に返す予定をしています。親子ではありますが、きっちりしたいと思い、借用書を作成してお互いに印鑑を押して保管しています。

25年後から毎月7~10万円づつ返済をしていきたいなと計画しています。お金を借りることに関して、旦那の方は抵抗があったかもしれませんが、頭金を入れることで返済が全然違ってきます。そのメリットを考えて、最後には借りるということで同意をしてくれました。母親はお金に余裕のある生活をしていますが、私達の住宅購入に際して、お金を貸してくれるとは思っていませんでした。

我が家は裕福ではなくカツカツで生活しているので、住宅ローンを抑えられたことはかなり嬉しかったです。しっかりと私も働いて、なるべく早めに完済したいなと思っているところです。母が生きているうちに返さないとと思っています。

Posted in 闇金体験談 | Leave a comment