私のヤミ金恐怖体験

私は都内でOLをしています。収入は良い方ではありませんが、勤務時間が短く、自分の時間が沢山持てるので、満足していました。私はOLまだ2年目なので、貯金もあまりありません。習い事や、生活費、旅行代で、貯金をできる程の余裕は殆どないです。

そんな時に友人が突然結婚すると言い始めました。結婚式に招待された時は、嬉しかったですが、ドレスも、靴も何もありません。一式揃えると、3万円以上もしました。更に当日の美容院代や、ご祝儀代で、私は生活出来なくなってしまいました。そこですぐ返すつもりで、5万円借りました。審査は簡単なもので、その場ですぐに貸してくれました。

御陰で友達の結婚式も心行くまで祝ってあげることができました。しかし楽しかった時間もつかの間、その後待っていたのは、ヤミ金からの催促電話です。しかも請求額が7万円に上がっていました。待って欲しいと何度も頼むと、優しそうな態度が一辺し、脅迫されました。返せない日が続くと、両親にも脅しの電話が入るようになりました。

両親にはこっぴどく叱られ、代わりに支払ってもらいましたが、利息等がつき、結局10万円近く、返済する羽目になりました。良かったのは、職場にまでかかってこなかったことくらいです。


ヤミ金からの取立て


ヤミ金からお金を借りた経験があるのですが、貸すときはとても優しく紳士的ですが、取立てはすさまじいものでした。少しでも返済が遅れるとまず鬼のように着信がきます。貸すときとはまるで別人で口調も荒く輩のようです。

これも無視していると家族や職場に連絡してきます。私の実名を出し、そこにいないか確認してきますがいない場合、借金をしていることを簡単にばらされてしまいます。嫌がらせの始まりです。職場や家族の信用を失い、自滅するように追い込んできます。

また嫌がらせによる心労などで参らせ、嫌がらせをやめるように言うと無理にでもお金を入れさせるように仕向けてくるのです。怖がらせたり怯えさせることができればヤミ金の勝ちで、後は借金とは関係なくお金をせびってきます。

嫌がらせの電話だけでは効果がない場合、借主名義で借主宅にデリバリーを頼まれたりします。私は私の家の前で人が倒れていると言われ救急車がきたり、私の家が火事だと言われ消防車が連日きました。連日なのは辛かったです。近所の方々も不思議そうにしていました。

私は何も知らないふりをしていましたが、これが続くと困ると思いヤミ金に連絡しようかと思いましたが、お金もないし無視し続けました。それから半年ほどになりますが、今では平穏なものです。一切取り立てはありません。

ヤミ金踏み倒し

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback.